COCOAによる通知を受けてから、PCR検査にて「陰性」と判断されるまでの記録

  • 病気
  • 0
先日、新型コロナウィルス感染症の陽性者と接触があったらしく、今回PCR検査を受ける運びとなりました。
結果は陰性でしたが、だからといって完全に野放しで生活してもOKということはなく、今後も引き続き注意して生活せねばなりません。

そんな今回の検査のきっかけとなったのは、国からもインストールが推奨されております接触確認アプリ「COCOA」でした。
cocoa1.jpg
賛否両論のあるこちらのアプリでしたが、インストールしていたお陰で今回迅速に動けたこともあり、個人的にはある意味では助かったと自負しております。
そこで本記事では、通知があってから検査で陰性と判明したこの2日間の出来事を整理し、後学のために残す目的で記載いたします。

なお、医療機関や検査に関する事項は、各省庁の公開情報やサポートセンター等を活用いただきたく願います。あくまでケーススタディとしての一例であり、決してどこかからお金をもらった等のお門違いの批判はお願いですから控えていただきますよう、よろしくお願いいたします。

COCOAで通知を受けるまでの背景

私自身、確かにてんかんという持病を有しているのはありますが、それ以外は特にそこまで問題のあるような病には、再発作以降ありませんでした。

普段、平熱はやや高めでも36.7くらいでしたが、ある日仕事の関係で体温測定をした際に36.8という数値が出てからは、普段その数値が正常か異常かの判断がなかなかつかなかったこともあり、以後日課として体温測定をほぼ欠かさず実施していき、記録しておりました。その中で大体の平熱ラインとして36.5〜36.8あたりで推移しており、新型コロナの基準である37.5以上を記録したケースは、測定を初めて以来記録したことはありませんでした。

もっとも、ごくわずかに微熱および身体の怠さがあった日も幾度かありましたが、その日も1日会社を休んで身体を休めて栄養のある食事を摂った結果、翌日には無事に出勤できる状態となり、続くことはありませんでした。37度台が記録されてカフェの入店を断られたケースもありましたが、近年ほぼ例外なく罹っていた気管支炎のように極端な怠さやしんどさのない熱中症によるもの(だと思う)であり、恐らくここまで感染した形跡はなかったと思います。

但しその軽度な怠さを機に、いつ感染したとしても行動記録を正確に伝えられるように、日々の体温のみならず訪問した場所やおおよその体調をExcelに記録し始めました。良く行く場所には専用の列を設けて行ったら「○」を付け、大掛かりな行動をとった時には備考欄を充実させる準備を進めておりました。
スクリーンショット 2020-09-11 211443
備考欄や先頭列には具体的に訪問したお店の名前などを書いたために画像からは省いておりますが、これも結果的には、接触したであろう日に何をしていたのかを思い出すツールとして活用出来たと思います。

COCOAについて

ここで簡単に、COCOAの説明をいたします。より詳細な情報については以下にございます、厚生労働省のホームページよりご覧いただきたく願います。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

簡単に言えば、アプリをインストールしている方が、新型コロナの陽性者と認定された方との接触(ここでは、半径1メートル以内に15分以上接していたことを示します)があったであろう場合に教えてくれる仕組みです。
接触があったと言っても、暗号化された情報が各々のデバイスに記録されるのみであり、具体的にどこの誰といったプライバシーは守られながら、自身の接触状況を把握することが出来るものです。
cocoa_omote.jpg
具体的に通知を受けたなら、いつ接触した可能性があるかといった情報がアプリ上に表示されます。
20200715-OYT8I50052-1.jpg
このように、どこの誰といったプライバシーを特定する情報は表示されることがなく、14日経過後にはその情報は無効なものとして破棄されるため、極端にセキュリティ上の不備を過度に恐れる必要はないと言えます。確かにiOSの場合に誤検知がなされやすいとの問題があるようですが、改善を願っていくのみです。

技術要素

技術的には、互いのデバイスとの通信はBluetoothを用いて行われます。最近はもっぱら、無線イヤホンやワイヤレスキーボード等で利用される機会が多いものであり、ごく一般的で身近な仕組みで運用されております。

接触を探知する仕組みは、AppleとGoogleが共同で開発したコロナ感染通知のAPI(Application Programming Interface)を用いており、Bluetoothが起動された状況下で、アプリのインストールされたデバイス同士が前述の「接触」状態に至った際に、互いのデータ(個人情報等を含まない、あくまで機器固有で持つ識別子情報)をやり取りして暗号化した情報を、14日間保持しておく格好となります。陽性者と判断された方がアプリを介して情報を登録した際に(登録に際しては保健所より発行される「処理番号」が必須)暗号化された情報から判別がなされ、通知が届く仕組みとなります。

アプリ自体の仕様書も、以下のポータルサイトに公開されております。
https://cio.go.jp/node/2613
またアプリケーションの透明性の担保から、ソースコードもGitHubにて公開されております。そもそもの開発に際しては、オープンソースコミュニティである「COVID-19 Radar Japan」が行い、維持保守はITベンダーである「パーソルプロセス&テクノロジー」が担当しており、システムの仕組みが公開されるのは必須であると言えるでしょう。
https://github.com/cocoa-mhlw/cocoa
これにより開発用のプラットフォームを有していれば、自身の手元の環境でもアプリの動作検証を実施でき、問題があった際にコミュニティに報告するなど、各位でもシステムを支えていけるのも一つのメリットと言えます。

COCOAの通知があった日

話題を戻し、私自身の経験を話していきます。

通知〜自宅待機要請

9/10(木)通常通り出勤するため、いつもの時間にアラームで目覚めました。アラームを止めたならロック画面が表示されるのですが、そこに陽性者との接触があった旨が通知されておりました。即座にアプリを開いた刹那、以下の通り接触があった旨が表示されました。
IMG_4550.png
誤検知があった場合はアプリを開いても表示されないようですが、今回は接触一覧を参照したならば、9/1(火)に接触があったとの情報が記録されておりました。
IMG_4551.png
余談ですが最近リリースされましたiOS13.7においては、接触記録の仕組み自体はシステム内部に取り込まれているものの、あくまで通知を受けるにはCOCOAが必須となります。COCOAに相当するアプリがない国や地域についてのみ、システムレベルで通知を受けられる仕組みですのでご注意いただきたく願います。

記録をたどりますとこの日は普通に電車で通勤、就業先で仕事をこなし退勤後普通に電車で帰路についたのみでした。比較的遅めに上がったために最寄り駅到着後には、駅近くのラーメン屋に長時間滞在していたのはありました。が、職場でも当該ラーメン屋でも対策は徹底されており、各位の座席にはパーティションが敷かれ、入室時にはアルコールの使用も求められたこともあり、いわゆる「密」となるような場所が思い当たるのは、激しい混雑を持つ電車以外には考えにくいものでした。

ひとまず自社の営業に連絡したものの、こんなケースはお初だったと言われ、基本的には結果に関しては現場判断に従うように指示を受けました。これを受け現場リーダーに報告したところ、就業先のガイドライン(ここではプロパーのみならず、常駐SE各位にも適用されました。このあたりは会社によって異なると思います。)に基づき、PCR検査の結果で陰性と判断されるまでは自宅待機、もしくは検査を受けられない場合や陽性の場合は14日間出勤停止との指示がなされ、通勤中であったもののこの日は現場には入らず、引き返さざるを得ませんでした。

PCR検査受診まで

確かに14日間自宅待機という選択肢もありましたが、やはり事実上検査が必須との判断がなされたこともあり、即座に新型コロナサポートセンターへ連絡いたしました。電話番号はアプリ内にも記載されており、在住の都道府県を選択することでそれぞれの連絡先が表示されます。

簡単には繋がらないのではと不安に感じながらも電話をし、すぐに繋がったために簡単な経緯を話しましたが、ここでは判断を行うことはできず、別途帰国者接触者相談センターへ連絡するよう指示を受けました。サポートセンターの役割は、あくまでクライアントと各方面を連携させる仕組みなのだと再確認していきました。

私は埼玉県在住のため、県の相談センターへ連絡しました。こちらも待たされることなく繋がり、現在の状況ならびに職場からのPCR検査が実質的に必須であることを伝え、検査の予約を進めてくださりました。結果、その日のうちに受診が可能との連絡があり、即座に指定された場所へと向かうこととしました。
確かに、地域によってはこのセンターへの連絡ならびに検査へのハードルが極端に高いとの情報があり、私も懸念を強く持っての連絡でした。しかしながら、コロナが広まり始めた当初よりは対応可能な医療機関も増えつつあるため、不安があれば早めの相談を推奨いたします(繋がらないといった不平不満は私宛ではなく、各地の然るべき部署へお願いいたします)。

PCR検査の受診

私の場合は、いつもてんかんの経過観察で通院している医療機関を紹介いただき、そこの専用のスペースに向かいました。確かにSwarmをたどれば名前はわかるでしょうが、直接電話を行い直接訪問したとしてもその場で受診は出来ませんので、誤解のないように敢えてここでは具体的な名前は出しません。ご注意ください。

PCRとは、ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)の略であり、ウィルスの遺伝子を増幅させて検出する方法です(引用元)。鼻や咽頭をぬぐい細胞を採取し、ウィルスの遺伝子の有無を確認します。この検査が確定診断に用いられるために検査体制の拡充が確かに求められてはいるものの、精度は完全完璧100%という訳ではなく、果たして闇雲に実施する必要があるのかとの意見があるのも事実です。

案内された場所にて簡単な問診を実施ののち、綿棒みたいなものを鼻に入れられ細胞の採取がなされました。終了後は厚生労働省により発行された重要な資料をいただき、診察料のみを支払い、跡にしました。
PCR検査自体は保険適用ではありますが、通知を受けた方に対しては無料で行政検査を行えるよう厚生労働省からの通達もなされており、このことからもCOCOAのインストールが推奨されると言えます。
https://www.mhlw.go.jp/content/000661724.pdf

受診後は職場からの自宅待機令もあり、通知がなされる土曜日までは、とにかく大人しく過ごす以外にありませんでした。
一方で就業先のガイドラインにより、この2週間の行動履歴を問われました。確かに、プライバシーにまで関与するのかよと思う部分はあれども、この感染症自体、いつどこで感染するかわからないくらいに広まってしまったのもあるので、経路の特定のためにもある程度の情報提供はやむを得ないと思います。

結果

検査の結果は2日後に電話で通知されるとのことでしたが、予定が早まり本日9/11(金)の夕方頃に連絡がありました。結果は「陰性」でした。就業先、自社営業、両親それぞれに結果を報告し、週明けは通常通り出勤をしても良いとの結果を得られました。
別途医療機関より診断結果が送付されるようですが、一旦現時点では感染していないことを把握することが出来たものでした。但し今後もアプリでの通知がなされる可能性はあり、通知がなくとも感染リスクとは向き合っていく必要があるため、引き続き感染防止のための手洗いうがいなどの対策は必須です。

万が一ここで陽性判断となった場合は医療機関のみならず保健所からも連絡があるらしく、体調に応じて自宅療養or宿泊施設療養or指定医療機関への入院という指示がなされるようです。入院自体の基準や入院日数についても少しずつ緩和されているようですが、軽症者および無症状者の場合は自宅療養が多く判断されるものとされます。

恐らく私が今回陽性判断を受けたとしても、直近でコロナ的症状(発熱の連続・味覚嗅覚の障害・倦怠感等)がなかったこともあり、入院までは求められなかったとは思われます。しかしながらここは各個人の体調や既往歴等の情報に基づいて判断されるでしょうから、一概には言えず、保健所からの指示に従っていただきたく願います。

終わりに

今回は、COCOAの通知並びにかかりつけの医療機関が検査に対応していたこともあったことから、比較的にスムーズに動くこともでき、各機関への早急な対応に感謝するほかありません。

しかしながら、現在もなおコロナの感染自体が収束する見込みはなく、ワクチンや治療法、各種支援体制についてもまだまだ発展途上の段階と言えます。重篤化しやすい患者さんへの対応や、検査の行き届かない方々への早急な対応なども、まだまだ求められるものでしょう。
加えてこのウィルスがやはり未知の領域とされていることもあり、感染すること以上に各方面からの攻撃や差別が怖いのもまた確かです。私の地元でも恥ずかしながら、県外ナンバーの車に傷をつけたり感染者の特定を秘密裏に進めて責め立てたりと、モラルを問われる行動も出てしまっております。
本当に、このウィルスとの闘いというのは、長期戦になると言えます。徐々に正体が明かされるようになってからは、インフルエンザウィルスなんかと同様に、ウィルスと「共生」していく必要性も提唱されており、今後はダメージを受けた経済の回復や雇用を失った方々への支援なども求められていきます。

不定期にこの話題を入れる際に記載しております内容を繰り返しますが、極度に煽り立てるマスコミの情報を鵜呑みにすることなく、信頼できる機関の一次情報に基づいて行動し、普段の行動においては「三つの密」を避ける意識を持ち、これまでのウィルスと同様の基本的な対策(手洗い・うがい・消毒・マスクの着用)を施しながら、「正しく恐れる」ことを忘れずに日々過ごしていくことが今後も必要です。
000622210.png
今回私はCOCOAの活用により迅速に動けたと自負しております。私自身から強制することは出来ませんししませんが、いつどんな状況下で接触したのかを極端に恐れるよりは、アプリをインストールしていただき、日々の行動記録と共に万が一に備える対応を推奨させていただくことを、締めの言葉とさせていただきます。

引き続き、各位に出来ることから対策しながら、この情勢に打ち勝っていきましょう。
kouseiroudousyoutirasi.png
ここまでご一読いただき、誠に感謝いたします。
繰り返しになりますが、あくまで一つの事例に基づく記録となりますため、より詳細かつ専門的な情報につきましては各機関への問い合わせをお願いいたします。また、予約無しでの突発的な医療機関の訪問も避けていただきたくお願いいたします。
関連記事
mossanmoment
Posted by mossanmoment
投稿 2020年09月11日 23時58分55秒
最終更新 2020年09月11日 23時58分55秒

0 Comments

There are no comments yet.